30代リーマンの米国駐在ブログ

米国駐在生活をはじめ、海外にまつわる情報をお送りしていきます。

米国の祝日

f:id:senaten:20170705033831j:plain

今日は7月4日、アメリカでは独立記念日(Independence Day)という祝日です。

1776年にイギリスからの独立宣言を記念して定められた祝日です。

各地でパレードや花火などが盛んに行われます。

 

 アメリカ人の友人が昔、独立記念日の花火の下でプロポーズしていたのを思い出します。

私は特に用事はなく、コーヒー飲みながらブログを書いたり本を読んだりしています(有意義)。 

 

米国の祝日

アメリカは日本に比べると祝日が少ないです。年間合計9日です。

  • 1月1日      元旦(New Year's Day)
  • 1月第3月曜日   マーティン・ルーサー・キング誕生日
  • 5月最終月曜日 戦没者祈念日(Memorial Day)
  • 7月4日      独立記念日(Independence Day)
  • 9月第1月曜日   勤労感謝の日(Labor Day)
  • 10月第2月曜日 コロンブスの日(Columbus Day)
  • 11月11日     退役軍人の日(Veteran's Day)
  • 11月第4木曜日 感謝祭(Thanks Giving Day、金曜日も休みの企業も多い)
  • 12月25日     クリスマス

州や企業によって会社が休みになる日とならない日がありますね。

 

ちなみに私の州・会社ではいくつかの祝日は残念ながら休みではありません…。

マーティン・ルーサー・キング誕生日、コロンブスの日、退役軍人の日は普通の勤務日です。

12月31日の大晦日は会社が休みなので、私は年間で7日の休みがあります。

 

日本の祝日はというと、年間17日あるみたいですね。

アメリカでお勤めの方は、8日ほど勤務日が多いことになります。

 

幸い、アメリカでは有給は権利として自由に行使するのが当たり前です。

日本人は空気を気にしがちですが、有給を活用して有意義な米国ライフを過ごしましょう!

 

ではでは。