30代リーマンの米国駐在ブログ

米国駐在生活をはじめ、海外にまつわる情報をお送りしていきます。

ソーシャル・セキュリティ・ナンバーの取得

 

f:id:senaten:20170705034129j:plain

私は約2年ほど前から仕事でアメリカの中西部に住んでいますが、

生活を始めるのにまず必要なのが、ソーシャルセキュリティナンバーです。

 

ソーシャルセキュリティナンバーとは

通称SSNと呼ばれる9桁の番号で、

元々は1936年に労働者の収入推移をモニターする目的で導入されました。

現在ではより広く、あらゆる個人情報と紐付くID番号として使われています。

アメリカ版のマイナンバー制度ということですね。

 

このSSN、アメリカ生活を始める際には最優先で取得しなければなりません。

生活インフラの手配には、必ずといっていい程必要です。

 

SSNが必要なもの

  • 賃貸契約
  • 電気、ガス、水道の契約
  • 運転免許取得
  • クレジットカードの発行
  • 保険の契約
  • 銀行口座の開設(銀行によっては不要)

 

クレジットカードの電話問い合わせ時など、本人確認のためにSSN下4桁を求められることがありますので、少なくとも下4桁は覚えておくことをオススメします。

 

申請手順はシンプルです。

私の周りでは平均すると2週間以内に取得されている方が多いです。

 

申請手順

  1. アメリカ到着
  2. 到着後、即日〜10日で自身の「I-94(出入国記録)」をウェブから印刷(https://i94.cbp.dhs.gov/I94/#/recent-search
  3. 申込書、パスポート、I-94コピーの3点を持ち、管理事務所訪問(アポ不要)
  4. 7日〜14日後に手元に届く

 

申込書は、公式サイトからアクセスできます。

申込書:https://www.ssa.gov/forms/ss-5.pdf

PDF上で直接入力も可能です。

ただし最後には印刷して自筆でサインする必要があります。

 

最寄りの管理事務所は、以下のサイトから郵便番号で検索できます。

secure.ssa.gov

 

生活立ち上げには何かと時間がかかりますね。 

ではでは。