30代リーマンの米国駐在ブログ

米国駐在生活をはじめ、海外にまつわる情報をお送りしていきます。

【Netflix】Orange Is the New Blackが面白すぎる

f:id:senaten:20170707100157j:plain

Netflixオリジナルドラマのオレンジ・イズ・ニュー・ブラックが物凄く面白いです。

 

シーズン5まで公開されていますが、好評のためシーズン7まで制作が決まっています。

私は寝不足になりながらも、シーズン1から5まであらゆる自由時間をつぎ込んでほぼノンストップで見続けました。

 

この作品を一言で表すなら、女囚人たちが刑務所内で繰り広げる色んな意味の愛と裏切り満載のコメディドラマ(適当)。

細かいストーリーや概要はWikipediaや他のブログさんにお任せするとして、この記事では私が思うドラマの魅力を簡潔に紹介します。ネタバレを含みます。

 

キャラクターが魅力的過ぎる

観れば観るほど引き込まれるキャラクターが大勢います。

主人公のパイパー・チャップマンは中流階級出身の白人女性。過去の一度の過ちから結婚寸前で投獄されて、周囲の凶悪な囚人たちを恐れる日々を過ごします。そんな彼女も仲間を作り徐々にたくましくなっていくのですが、たくましくなり過ぎて、他人を陥れ脅迫し、一度は囚人のボス的存在に成り上がり、そして潰されていきます。最初は世間の一般人として彼女と同じ目線でドラマを追えるのですが、どんどん刑務所の色に染まり他人に冷たくあたっていく彼女に違和感を覚え、さらに行き過ぎた彼女の行動によって、ついには嫌悪感へと変わっていきます。シーズン5を終えた時点では、特に好きなキャラではなくなっていますね笑

 

また魅力的なのが、パッと見は少しくたびれた白人のハゲ親父、刑務所勤務一筋30年のカプート。シーズン1では刑務所管理者の一人として始まりますが、シーズン後半には所長代理を経て所長に昇格します。不真面目な看守が多い中、カプートは刑務所内の秩序を保つために囚人たちに対して厳しさと愛情を持って接します。囚人たちからも徐々に信頼を集めていくようになり、本人もそれに誇りを持ち、ともすれば基本的な人権すらないかのように扱われる囚人たちを守ろうとする立場をとっていきます。シーズンが進むと、ある事件が起きて囚人によるストライキが勃発するのですが、カプートはその時に囚人たちの声を代表する存在として活躍します。かなり不器用でかっこ悪い場面も多いですが、その愚直さ直向きさが心を打つ、そんなカッコイイおじさんです。

 

もう一人、私がお気に入りなのがテイスティです。黒人のふくよかな女性で、ノリノリですぐ踊りだす黒人グループの一人です。最初は特に目立たないのですが、黒人グループのボスが去り、黒人グループの勢力が衰えてきたところで、一番まともな彼女がグループのお母さん的存在になっていきます。仲間思いで責任感のある彼女の所作を見ていると、彼女が犯罪者だとはとても思えなくなってきます。ある仲間の死を目の当たりにし、怒りに震えて立ち上がるのですが、その行動があまりに冷静かつ大胆でビジネスマンとしては惚れ惚れします。特に交渉術に長けており、先述のカプートとともにストライキで大活躍します。

 

他にも魅力的なキャラクターを挙げれば枚挙に暇がありません。ただ共通して言える良さは、それぞれのキャラクターに濃厚なドラマが用意されていて、いちいち感情移入できることですね。

 

アメリカの人種意識を学ぶことができる

私は昔からアメリカに割と縁があったので、なんとなくアメリカでの人種に対する意識はわかっているつもりでした。それでもこのドラマを見て、色々と勉強になりましたね。

刑務所ではざっくり白人、黒人、ヒスパニック、その他(アジアやハワイ)にグループが分かれるのですが、互いに色々な感情を持っています。例えば黒人は何かと奴隷の過去を持ち出しては白人が優遇されていると悪態をつきます。ヒスパニック系は美意識が高く自分たちの血に誇りを持っているものの、白人たちからは頭が悪い連中だと馬鹿にされたり。少数派のアジア人達は誰からも仲間意識を持たれず、居場所をつくるのに苦労します。

一つ印象的だったのは、同じヒスパニック系の中でも微妙に民族意識の差が存在するところですね。一時期、ヒスパニック系が勢力として最も幅を利かせるのですが、その中でもプエルトリコ系、ドミニカ共和国系でちょっと言い合いがあったりします。そういったラテンの帰属意識の違いには今まであまり目を向けたことがなかったので、今後のアメリカ生活でもアンテナ張っておきたいなと思いました。

またここまであまり触れてきませんでしたが、オレンジ・イズ・ニュー・ブラックはレズ描写が物凄く多いドラマでもあります。ここで人種意識について触れましたが、人種を超えたカップルも結構います。人種意識というのはグループでいる時に最も強く発揮するもので、個人間の付き合いだとあまり働きませんよね。

そんな観点からドラマを観てみると、少し文化的な知見を得られた気分になれると思います。ただし本作品はノンフィクションベースではありますが、あくまでドラマなので全てを真実と思い込まないことは大事かもしれませんね。

 

とにかくオススメです!

渡米後にすぐ申し込めるクレジットカード

f:id:senaten:20170706095253j:plain

アメリカは車社会と前回の記事で言いましたが、クレジットカード社会でもあります。

自動販売機もカード払い、路上パーキングもカード払い、何でもカードです。

財布に3ドルしか入ってなくても全く不安はありません。というか気付きません笑

 

しかし、日本人がクレジットカードを持つのはハードルが高いです。

アメリカでのクレジットヒストリーがないので、審査が通らないんですね。

ただそんな日本人を対象とした、渡米すぐにでも取得可能なクレジットカードがあります。

 

すぐに申し込めるクレジットカード

1. ANA CARD U.S.A

  アメリカ駐在の方へおすすめ。アメリカのクレジットカード - ANA CARD U.S.A.

2. JAL CARD U.S.A

  JAL USA CARD - フライトのたびに、ショッピングのたびに、マイルがたまる

 

この2種類がすぐに申し込めるクレジットカードです。

私はANAのマイル会員なのでANA CARDにしましたが、どちらでもお好きな方で良いと思います。

 

プロセス(ANA CARD U.S.Aの場合)

  1. ネット上でフォーム申し込み
  2. 電話での本人確認
  3. 必要書類の提出(メールにて/ネット申込時に未提出の書類のみ)
  4. 審査通過すれば、必要書類の提出から3〜4週間でカードが届く

 

必要書類(ANA CARD U.S.Aの場合)

  • パスポートのコピー
  • ソーシャル・セキュリティー・カードのコピー
  • 米国就労ビザのコピー
  • 米国運転免許証のコピー(未取得の場合、住所を証明できる書類が有効)(例:賃貸契約書、光熱費など公共料金の請求書)

 

補足/注意点

  • ソーシャル・セキュリティー・カードがなくても申し込み自体は可能。ただしソーシャル・セキュリティー・カードを取得しコピーを提出するまでプロセスは保留される。
  • 支払いの引き落とし口座は、カード取得後の登録でも可能。
  • 渡米前のカード送付は、安全上の理由から不可。
  • カードの送付先は、原則として米国内の自宅住所。勤務先に送付する場合は、雇用関係を証明する書類を求められる場合があるようです。

 

1年ほどきちんと支払いを行っていれば、クレジットヒストリーが溜まり、他のクレジットカードも取得できるようになります。

 

皆さんの米国生活がスムーズに立ち上がる一助になれば幸いです。

ではでは。

米国免許証の取得

f:id:senaten:20170705063034j:plain

アメリカは車社会です。どこに行くにも車に乗ります。

歩道がないことも多いので、安全面からもどんなに近場でも車ですね。

そのため、渡米したらすぐに車に乗れる状態にしておく必要があります。

 

国際免許証

渡米した後、しばらくは国際免許証が有効です。

ただし有効期間には注意が必要です。

 

発行元の日本国としては、国際免許証は発行日から1年間有効としています。

しかし、相手国がそれを受け入れるかは別の話です。

またアメリカの場合、州によって法律が違うので、きちんと調べる必要があります。

 

<国際免許証の有効期間の例>

  • カリフォルニア州:10日(!)※ビザで長期滞在の場合
  • イリノイ州:   90日
  • ハワイ州:    1年間

州によって全然違いますね。事前に調べて計画を立てておきましょう。

 

現地での免許証の取得

国際免許証が有効なうちに、現地で免許証を取得する必要があります。

事前準備はありますが、最寄りの免許センターで一日で交付してもらえます。

 

提出書類の準備

必要な書類は州によって多少違う可能性がありますのでご注意ください。

イリノイ州では、以下の書類が必要です。

  • パスポート
  • ソーシャルセキュリティナンバー
  • 住所が証明できるもの×2部(公共料金の支払明細や賃貸の契約書など)
  • I-94のコピー 
  • 発行手数料 $30 

(ソーシャルセキュリティナンバー、I-94の取得方法は過去記事参照)

senaten.hatenablog.com 

免許センターでの試験

3つの試験があります。こちらもイリノイ州の例になります。

  1. 視力試験
  2. 筆記試験
  3. 実技試験

  

視力試験

特に特筆すべき点はありません。

コンタクトをしている方は申告しましょう。

 

筆記試験

試験は全35問。80%以上の正答率で合格となります。時間制限はなし。

選択問題が20問、標識問題が15問です。

試験は英語のみですが、辞書は持ち込み可です。

終わった人から試験官に提出し、その場で採点され合否が告げられます。

私の場合は、30分以内に終わったような記憶があります。

 

事前の勉強は、公式サイトの掲載されている資料を使いました。

私の場合は3時間ほどの勉強で、何とか一発で合格できました。

私の周りも勉強時間は人によって違いますが、一発合格される方が多いです。

 

実技試験

10〜15分程度の試験です。

イメージとしては免許センターを出てぐるっと近所を一周して終わりという感じです。

日本で運転に慣れている方は、技術的には全く問題ないでしょう。

ただし、制限速度を超えない、一時停止を完全に止まる、といった基本的なところでミスをしないよう気をつけたいところです。

また目視など確認行為はやり過ぎるくらいでちょうどいいと思います。

 

運転が不安な方は、会社に運転講習を手配してもらい、事前に練習するといいと思います。

アメリカにはAdam's School of Drivingといった民間の運転講習サービスがあります。

 

試験日の流れ

  1. 受付
  2. 必要書類の提出
  3. 申請書類の受取
  4. 申請書類の記入
  5. 視力検査
  6. 申請書類の提出、手数料支払い
  7. 筆記試験
  8. 合格後、実技試験
  9. 合格後、免許用写真撮影
  10. 免許証受取

間にちょこちょこ待ち時間が入るので、合計で3〜4時間かかると思います。

私の場合は、ちょうど夏休みに入ったばかりのタイミングだったため、平日でしたが学生がたくさんいました。

そのため、筆記試験が終わり実技試験を待っている間に営業時間が終わってしまい、翌朝に持ち越しとなってしまいました…。

 

以上です。ではでは。

米国の祝日

f:id:senaten:20170705033831j:plain

今日は7月4日、アメリカでは独立記念日(Independence Day)という祝日です。

1776年にイギリスからの独立宣言を記念して定められた祝日です。

各地でパレードや花火などが盛んに行われます。

 

 アメリカ人の友人が昔、独立記念日の花火の下でプロポーズしていたのを思い出します。

私は特に用事はなく、コーヒー飲みながらブログを書いたり本を読んだりしています(有意義)。 

 

米国の祝日

アメリカは日本に比べると祝日が少ないです。年間合計9日です。

  • 1月1日      元旦(New Year's Day)
  • 1月第3月曜日   マーティン・ルーサー・キング誕生日
  • 5月最終月曜日 戦没者祈念日(Memorial Day)
  • 7月4日      独立記念日(Independence Day)
  • 9月第1月曜日   勤労感謝の日(Labor Day)
  • 10月第2月曜日 コロンブスの日(Columbus Day)
  • 11月11日     退役軍人の日(Veteran's Day)
  • 11月第4木曜日 感謝祭(Thanks Giving Day、金曜日も休みの企業も多い)
  • 12月25日     クリスマス

州や企業によって会社が休みになる日とならない日がありますね。

 

ちなみに私の州・会社ではいくつかの祝日は残念ながら休みではありません…。

マーティン・ルーサー・キング誕生日、コロンブスの日、退役軍人の日は普通の勤務日です。

12月31日の大晦日は会社が休みなので、私は年間で7日の休みがあります。

 

日本の祝日はというと、年間17日あるみたいですね。

アメリカでお勤めの方は、8日ほど勤務日が多いことになります。

 

幸い、アメリカでは有給は権利として自由に行使するのが当たり前です。

日本人は空気を気にしがちですが、有給を活用して有意義な米国ライフを過ごしましょう!

 

ではでは。

ソーシャル・セキュリティ・ナンバーの取得

 

f:id:senaten:20170705034129j:plain

私は約2年ほど前から仕事でアメリカの中西部に住んでいますが、

生活を始めるのにまず必要なのが、ソーシャルセキュリティナンバーです。

 

ソーシャルセキュリティナンバーとは

通称SSNと呼ばれる9桁の番号で、

元々は1936年に労働者の収入推移をモニターする目的で導入されました。

現在ではより広く、あらゆる個人情報と紐付くID番号として使われています。

アメリカ版のマイナンバー制度ということですね。

 

このSSN、アメリカ生活を始める際には最優先で取得しなければなりません。

生活インフラの手配には、必ずといっていい程必要です。

 

SSNが必要なもの

  • 賃貸契約
  • 電気、ガス、水道の契約
  • 運転免許取得
  • クレジットカードの発行
  • 保険の契約
  • 銀行口座の開設(銀行によっては不要)

 

クレジットカードの電話問い合わせ時など、本人確認のためにSSN下4桁を求められることがありますので、少なくとも下4桁は覚えておくことをオススメします。

 

申請手順はシンプルです。

私の周りでは平均すると2週間以内に取得されている方が多いです。

 

申請手順

  1. アメリカ到着
  2. 到着後、即日〜10日で自身の「I-94(出入国記録)」をウェブから印刷(https://i94.cbp.dhs.gov/I94/#/recent-search
  3. 申込書、パスポート、I-94コピーの3点を持ち、管理事務所訪問(アポ不要)
  4. 7日〜14日後に手元に届く

 

申込書は、公式サイトからアクセスできます。

申込書:https://www.ssa.gov/forms/ss-5.pdf

PDF上で直接入力も可能です。

ただし最後には印刷して自筆でサインする必要があります。

 

最寄りの管理事務所は、以下のサイトから郵便番号で検索できます。

secure.ssa.gov

 

生活立ち上げには何かと時間がかかりますね。 

ではでは。

ブログ内容について

こんにちは、セナテンです。

今後ブログでは以下の内容を書いていこうと思います。

 

  • 米国駐在生活
  • 海外旅行/海外出張
  • 海外MBA
  • 米国語学留学
  • バックパッカー

 

海外の話題がメインですね。

試行錯誤しながら少しずつ書き溜めていこうと思います。